Aira's bookshelf

書棚の片隅でコーネル・ウールリッチ愛をささやく

2021-02-08から1日間の記事一覧

ウィリアム・アイリッシュ『アイリッシュ短編集 1 / 晩餐後の物語』

(再読了日:2021年2月3日) 晩餐後の物語 アイリッシュ (ウールリッチ) を好きになり始めた頃に読んで衝撃を受けた作品。全く色褪せない。耳元でジリジリと音が聞こえてきそうな密室での極度の緊張状態の後、ついに明かされる老人の真意。加速していく物語の…

ウールリッチ研究を再開しました

こんにちは。Aira (@airasbookshelf) です。久しぶりに「日記」カテゴリの記事を書いてみますね。

E・D・ホウク編『今月のペテン師 年刊ミステリ傑作選 '77 』

(読了日:2020年2月7日) 「恐ろしい悲鳴のように」エッタ・リーヴェス エタ・リーヴェス「恐ろしい叫びのような」として既読