Aira's bookshelf

Aira's bookshelf

書棚の片隅でコーネル・ウールリッチ愛をささやく

コーネル・ウールリッチ全作品発表順年表

 

発表年 原題 邦題 邦訳短編掲載誌・収録本
1926 Cover Charge (長編)    
1926 Honey Child    
1926 Dance It Off!    
1927 Bread and Orchids    
1927

Children of the Ritz (連載, 長編として単行本化)

   
1927 The Gate Crasher 「舞踏会の夜」 コーネル・ウールリッチ傑作短編集2』 白亜書房
1927 The Drugstore Cowboy 「ドラッグストア・カウボーイ」 コーネル・ウールリッチ傑作短編集3』 白亜書房
1928 Mother and Daughter    
1928 Girls, We're Wise to You (コラム)    
1928 The Good Die Young      
1928 I Know Your Line (コラム)    
1928~1929

Hollywood Bound (連載, 長編 Times Square として単行本化)

「タイムズ・スクェア」 『EQ 1995年11月号』 光文社
1929 Bluebeard's Thirteenth Wife    
1929 We're Just a Lot of Smart Alecks! (コラム)    
1930 Gay Music    
1930 Soda Fountain 「ソーダ・ファウンテン」 英米超短編ミステリ50選』 光文社文庫
1930 Cinderella Magic    
1930 A Young Man's Heart (長編)    
1931 The Time of Her Life (長編)    
1931 The Girl in the Moon    
1932 Orchids and Overalls    
1932 Manhattan Love Song 『マンハッタン・ラブソング』 新樹社  
1932 Women Are Funny    
1933 I Love You, Paris    
1934 Between the Acts    
1934 Insult (Ted Brooks 名義)    
1934 The Next Is on Me    
1934 The Very First Breakfast    
1934 Death Sits in the Dentist's Chair 「死の治療椅子」 アイリッシュ短編集4』 創元推理文庫
1934 Walls That Hear You    
1934 Screen Test  「スクリーンの中の女」 『悪夢』 ハヤカワ・ポケット・ミステリ
1935 Murder in Wax    
1935 Spanish―And What Eyes!    
1935 The Body Upstairs    
1935 Kiss of the Cobra 「コブラの接吻」 『今夜の私は危険よ』 ハヤカワ・ポケット・ミステリ
1935 Don't Fool Me!    
1935 Papa Benjamin 「パパ・ベンジャミン」 『魔術ミステリ傑作選』 創元推理文庫
1935 Red Liberty 自由の女神事件 アイリッシュ短編集6』 創元推理文庫
1935 Clip-Joint 「深夜の約束」 コーネル・ウールリッチ傑作短編集1』 白亜書房
1935 The Corpse and the Kid 「死体をかつぐ若者」 アイリッシュ短編集3』 創元推理文庫
1935 No Kick Coming    
1935 Flower in His Buttonhole    
1935 Hot Water    
1935 Annabelle Gets Across    
1935 The Death of Me 「私の死」 『見えない死』 新樹社
1935 The Showboat Murders 「ショウボート殺人事件」 『見えない死』 新樹社
1935 Dead on Her Feet 「踊り続ける死」 コーネル・ウールリッチ傑作短編集1』 白亜書房
1936 Crime on St. Catherine Street モントリオールの一夜」 コーネル・ウールリッチ傑作短編集1』 白亜書房
1936 One and a Half Murders    
1936 Cigarette    
1936 Change of Murder 「七人目のアリバイ」 コーネル・ウールリッチ傑作短編集1』 白亜書房
1936 Baal's Daughter    
1936 Pick Up the Pieces    
1936 Blood in Your Eye    
1936 The Clock at the Astor    
1936 The Mystery of the Blue Spot    
1936 One Night to Be Dead Sure of 「墓とダイヤモンド」 アイリッシュ短編集2』 創元推理文庫
1936 The Night Reveals 「夜があばく」 アイリッシュ短編集5』 創元推理文庫
1936 One Night in Paris 「パリの一夜」 アイリッシュ短編集4』 創元推理文庫
1936 Johnny on the Spot 「ジョニーが危ない」 『ミステリマガジン 1985年2月号』 早川書房
1936 Double Feature 「二本立て」 『見えない死』 新樹社
1936 Nine Lives    
1936 His Name Was Jack    
1936 Working Is for Fools 「仕事は馬鹿のするもの」 『ミステリマガジン 1969年11月号』 早川書房
1936 The Phantom of the Subway 「地下鉄の怪盗」 『ビッグ・アップル・ミステリー』 新潮文庫
1936 The Night I Died 「わたしが死んだ夜」 アイリッシュ短編集5』 創元推理文庫
1936 Murder on My Mind 「殺しの翌朝」 アイリッシュ短編集3』 創元推理文庫
1936 Bluebeard's Seventh Wife 「青ひげの七人目の妻」 アイリッシュ短編集4』 創元推理文庫
1936 Gun for a Gringo    
1936 Murder in the Middle of New York    
1936 Death in the Air 「高架殺人」 アイリッシュ短編集5』 創元推理文庫
1936 Evil Eye    
1936 Public Toothache Number One    
1936 Afternoon of a Phony    
1936 Holocaust    
1936 The Two Deaths of Barney Slabaugh    
1937 Shooting Going On 「撮影中」 『EQ 1990年9月号』 光文社
1937 Jimmy Had a Nickel    
1937 The Corpse Next Door 「となりの死人」 アイリッシュ短編集6』 創元推理文庫
1937 The Heavy Sugar 「砂糖とダイヤモンド」 コーネル・ウールリッチ傑作短編集1』 白亜書房
1937 Murder on the Night Boat 「夜間航路の殺人」 『犯行現場へ急げ』 ハヤカワ・ミステリ文庫
1937 Speak to Me of Death 「魅せられた死」 『今夜の私は危険よ』 ハヤカワ・ポケット・ミステリ
1937 Blue Is for Bravery    
1937 Round Trip to the Cemetery    
1937 The Humming Bird Comes Home 「ハミング・バード帰る」 アイリッシュ短編集6』 創元推理文庫
1937 Death in Round Three 「死の第三ラウンド」 アイリッシュ短編集2』 創元推理文庫
1937 I'll Never Play Detective Again 「もう探偵はごめん」 『もう探偵はごめん』 ハヤカワ・ポケット・ミステリ
1937 Kidnapped!    
1937 Your Own Funeral 「葬式」 アイリッシュ短編集5』 創元推理文庫
1937 Mimic Murder ジェスチャー殺人事件」 『EQ 1983年9月号』 光文社
1937 Wake Up with Death    
1937 Blind Date with Death 「死とのブラインド・デート 『ミステリマガジン 1988年9月号』 早川書房
1937 Grave for the Living 「生ける者の墓」 アイリッシュ短編集4』 創元推理文庫
1937 Clever, These Americans 「利口なアメリカ人たち」 『宝石 1958年7月号』 光文社
1937 Black Cargo    
1937 The Girl Next Door    
1937 If I Should Die Before I Wake 「目覚めずして死なば」 アイリッシュ短編集6』 創元推理文庫
1937 Vision of Murder    
1937 Somebody on the Phone 「だれかが電話をかけている」 アイリッシュ短編集3』 創元推理文庫
1937 Murder at the Automat 「簡易食堂の殺人」 『ミステリマガジン 1982年7月号』 早川書房
1937 Nellie from Zelli's    
1937 Murder Story 「殺人物語」 アイリッシュ短編集2』 創元推理文庫
1937 You Bet Your Life 「戯れに賭はすまじ」 『探偵倶楽部 1958年8月号』 光文社
1937 Taxi Dance Murder    
1937 Angel Face 「天使の顔」 『ぎろちん』 ハヤカワ・ポケット・ミステリ
1937 I Knew Her When―    
1937 The Lie    
1937 Stuck with Murder 「ガムは知っていた」 アイリッシュ短編集6』 創元推理文庫
1937 Goodbye, New York 「さらばニューヨーク」 アイリッシュ短編集6』 創元推理文庫
1937 I'm Dangerous Tonight 「今夜の私は危険よ」 『今夜の私は危険よ』 ハヤカワ・ポケット・ミステリ
1937 Oft in the Silly Night 「騒がしい幽霊」 コーネル・ウールリッチ傑作短編集2』 白亜書房
1937 Cab, Mister? 「車ですか、お客さん?」 『別冊宝石・世界探偵小説全集 第32巻』 光文社
1937 Waltz 「ワルツ」 コーネル・ウールリッチ傑作短編集2』 白亜書房
1937 Guns, Gentlemen 「いつかきた道」 アイリッシュ短編集3』 創元推理文庫
1937 Dusk to Dawn 「悪夢の一夜を走る」 『小説推理 1983年2月号』 双葉社
1937 The Gun But Not the Hand    
1938 The Hunted 「ヨシワラ殺人事件」 アイリッシュ短編集1』 創元推理文庫
1938 After-Dinner Story 「晩餐後の物語」 アイリッシュ短編集1』 創元推理文庫
1938 You Take Ballistics 「拳銃を探せ」 『知性 1956年9月号』 河出書房
1938 Wild Bill Hiccup 「ワイルド・ビル・ヒカップ 『ぎろちん』 ハヤカワ・ポケット・ミステリ
1938 Dime a Dance 「踊り子探偵」 アイリッシュ短編集3』 創元推理文庫
1938 Endicott's Girl 「警部の娘」 『ミステリマガジン 1960年2月号』 早川書房
1938 Never Kick a Dick    
1938 I Wouldn't Be in Your Shoes 「靴」 『私が死んだ夜』 ハヤカワ・ポケット・ミステリ
1938 Hot Towel 「熱いタオル」 『探偵倶楽部 1957年5月号』 光文社
1938 Jane Brown's Body    
1938 The Cape Triangular 「死の三角切手」 『ミステリマガジン 1963年6月号』 早川書房
1938 Short Order Kill    
1938 Mamie 'n' Me 「特別配達」 アイリッシュ短編集6』 創元推理文庫
1938 Mystery in Room 913 「ただならぬ部屋」 アイリッシュ短編集3』 創元推理文庫
1938 The Woman's Touch    
1938 Deserted!    
1938 Detective William Brown    
1938 Three O'Clock 「三時」 アイリッシュ短編集6』 創元推理文庫
1938 I Hereby Bequeath    
1938 The Screaming Laugh    
1938 I.O.U.―One Life 「借り」 アイリッシュ短編集6』 創元推理文庫
1939 The Invincibles    
1939 Silhouette 「シルエット」 アイリッシュ短編集4』 創元推理文庫
1939 The Counterfeit Hat 「帽子」 アイリッシュ短編集3』 創元推理文庫
1939 The Dog with the Wooden Leg 「義足をつけた犬」 『見えない死』 新樹社
1939 Those Who Kill 「幻のアリバイ」 『別冊小説宝石 1971年冬季特別号』 光文社
1939 The Case of Killer-Diller 「黒い旋律」 コーネル・ウールリッチ傑作短編集2』 白亜書房
1939 Borrowed Crime    
1939 Charlie Won't Be Home Tonight 「チャーリーは今夜もいない」 アイリッシュ短編集2』 創元推理文庫
1939 The Street of Jungle Death 「黒い爪痕」 コーネル・ウールリッチ傑作短編集3』 白亜書房
1939 Guillotine 「ぎろちん」 『ぎろちん』 ハヤカワ・ポケット・ミステリ
1939 The Book That Squealed 「悲鳴をあげる本」 『レディのたくらみ』 ハヤカワ・ミステリ文庫
1939 Vampire's Honeymoon    
1939 Crime by the Forelock 「前髪の罠」 『ブラック・マスク異色作品集』 国書刊行会
1939 The Case of the Talking Eyes 「じっと見ている目」 アイリッシュ短編集3』 創元推理文庫
1939 Collared 「死の接吻」 アイリッシュ短編集6』 創元推理文庫
1939 You'll Never See Me Again 「妻が消える日」 アイリッシュ短編集5』 創元推理文庫
1939 Through a Dead Man's Eye 「ガラスの目玉」 『ホテル探偵ストライカー』 集英社文庫
1940 The Bride Wore Black 黒衣の花嫁』 ハヤカワ・ミステリ文庫  
1940 Senor Flatfoot 「日暮れに処刑の太鼓が鳴る」 アイリッシュ短編集5』 創元推理文庫
1940 Death in Duplicate 「アイスピック」 『ミステリマガジン 1978年6月号』 早川書房
1940 All at Once, No Alice 「消えた花嫁」 アイリッシュ短編集2』 創元推理文庫
1940 Post-Mortem 「検視」 アイリッシュ短編集2』 創元推理文庫
1940 I'll Take You Home, Kathleen 「送って行くよ、キャスリーン」 アイリッシュ短編集6』 創元推理文庫
1940 Cinderella and the Mob 「シンデレラとギャング」 『ホテル探偵ストライカー』 集英社文庫
1940 Finger of Doom 「階下で待ってて」 アイリッシュ短編集1』 創元推理文庫
1940 Meet Me by the Mannequin 「マネキンさん今晩は」 『睡眠口座』 ハヤカワ・ポケット・ミステリ
1940 Flowers from the Dead 「死者よりの花束」 『ミステリマガジン 1963年8月号』 早川書房
1940 The Red Tide 「疑惑」 『EQ 1987年7月号』 光文社
1940 C-Jag 「コカイン」 アイリッシュ短編集5』 創元推理文庫
1940 The Detective's Dilemma 「死のミラードア」 『EQ 1978年9月号』 光文社
1940 The Riddle of the Redeemed Dips    
1940 Murder Always Gathers Momentum 「毒食わば皿」 アイリッシュ短編集4』 創元推理文庫
1941 The Black Curtain 『黒いカーテン』 創元推理文庫  
1941 He Looked Like Murder 「殺しのにおいがする」 アイリッシュ短編集4』 創元推理文庫
1941 Last Bus Home 「バスで帰ろう」 『もう探偵はごめん』 ハヤカワ・ポケット・ミステリ
1941 Nightmare 「悪夢」 『悪夢』 ハヤカワ・ポケット・ミステリ
1941 U, as in Murder    
1941 Cool, Calm and Detected 「銀のペンシル」 『ミステリマガジン 1987年3月号』 早川書房
1941 Marihuana 「妄執の夜」 『見えない死』 新樹社
1941 The Case of the Maladroit Manicurist    
1941 Death at the Burlesque 「ストリッパー殺し」 『ぎろちん』 ハヤカワ・ポケット・ミステリ
1941 Crazy House 「霧の中の家」 コーネル・ウールリッチ傑作短編集4』 白亜書房
1941 The Fingernail 「爪」 『世界短編傑作集5』 創元推理文庫
1941 Murder at Mother's Knee 「我が家の出来事」 コーネル・ウールリッチ傑作短編集4』 白亜書房
1942 Black Alibi 『黒いアリバイ』 創元推理文庫  
1942 Phantom Lady 『幻の女』 ハヤカワ・ミステリ文庫  
1942 It Had to Be Murder 「裏窓」 アイリッシュ短編集3』 創元推理文庫
1942 Dormant Account 「睡眠口座」 『睡眠口座』 ハヤカワ・ポケット・ミステリ
1942 The Loophole 「穴」 『ぎろちん』 ハヤカワ・ポケット・ミステリ
1942 Bequest 「遺贈」 アイリッシュ短編集1』 創元推理文庫
1942 Orphan Ice    
1942 Havana Night    
1942 Town Says Murder 「街では殺人という」 アイリッシュ短編集2』 創元推理文庫
1943 The Black Angel 『黒い天使』 ハヤカワ・ポケット・ミステリ  
1943 The Body in Grant's Tomb 「グラントの墓にあった死体」 『ミステリマガジン 1960年8月号』 早川書房
1943 If the Dead Could Talk 「死者が語れば」 コーネル・ウールリッチ傑作短編集5』 白亜書房
1943 The Earing 「耳飾り」 『睡眠口座』 ハヤカワ・ポケット・ミステリ
1943 Dead Roses 「死の白い薔薇」 『ミステリマガジン 1996年6月号』 早川書房
1943 If the Shoe Fits 「靴が合うなら」 『ミステリマガジン 1989年5月号』 早川書房
1943 The Death Diary 「死の日記」 『EQ 1985年9月号』 光文社
1943 Mind Over Murder 「時こそ勝者」 『EQ 1980年9月号』 光文社
1943 Come Witness My Murder!    
1943 Leg Man 「駆出し記者」 『ミステリマガジン 1977年3月号』 早川書房
1943 Death on Delivery    
1944 Deadline at Dawn 『暁の死線』 創元推理文庫  
1944 The Black Path of Fear 『恐怖の冥路』 ハヤカワ・ミステリ文庫  
1944 An Apple a Day 「リンゴひとつ」 アイリッシュ短編集5』 創元推理文庫
1944 The Body of a Well-Dressed Woman 「盛装した死体」 アイリッシュ短編集1』 創元推理文庫
1944 Dead Shot 「射的の名手」 アイリッシュ短編集1』 創元推理文庫
1945 Night has a Thousand Eyes 夜は千の目を持つ創元推理文庫  
1945 The Girl Who Married Royalty    
1945 Fountain Pen 「万年筆」 『ぎろちん』 ハヤカワ・ポケット・ミステリ
1945 Four Bars of Yankee Doodle    
1945 The Man Upstairs    
1945 Silent As the Grave 「秘密」 アイリッシュ短編集4』 創元推理文庫
1946 The Light in the Window 「窓の明り」 アイリッシュ短編集4』 創元推理文庫
1946 They Call Me Patrice    
1947 Waltz Into Darkness 『暗闇へのワルツ』 ハヤカワ・ミステリ文庫  
1947 Fire Escape 「非常階段」 『私が死んだ夜』 ハヤカワ・ポケット・ミステリ
1947 Death Escapes the Eye 「見えない死」 『見えない死』 新樹社
1947 One Night in Barcelona    
1947 Death Between Dances 「間奏曲」 コーネル・ウールリッチ傑作短編集5』 白亜書房
1948 Rendezvous in Black 『喪服のランデヴー』 ハヤカワ・ミステリ文庫  
1948 I Married a Dead Man 『死者との結婚』 ハヤカワ・ミステリ文庫  
1949 The Blue Ribbon 「青いリボン」 『私が死んだ夜』 ハヤカワ・ポケット・ミステリ
1949 Husband 「女優の夫」 コーネル・ウールリッチ傑作短編集5』 白亜書房
1950 Fright 『恐怖』 ハヤカワ・ポケット・ミステリ  
1950 Savage Bride 『野生の花嫁』 ハヤカワ・ポケット・ミステリ  
1951 Strangler's Serenade 『死刑執行人のセレナーデ』 ハヤカワ・ポケット・ミステリ  
1952 The Moon of Montezuma 「モンテズマの月」 『もう探偵はごめん』 ハヤカワ・ポケット・ミステリ
1958 Hotel Room 『聖アンセルム923号室』 ハヤカワ・ポケット・ミステリ  
1958 The Penny-a-Wonder 「三文作家」 アイリッシュ短編集1』 創元推理文庫
1958 Somebody's Clothes―Somebody's Life 「だれかの衣裳――だれかの人生」 『今夜の私は危険よ』 ハヤカワ・ポケット・ミステリ
1959 Death Is My Dancing Partner 『死はわが踊り手』 ハヤカワ・ポケット・ミステリ  
1959 The Number's Up 「選ばれた数字」 コーネル・ウールリッチ傑作短編集5』 白亜書房
1959 Blonde Beauty Slain 「金髪ごろし」 アイリッシュ短編集1』 創元推理文庫
1960 The Doom Stone 『運命の宝石』 ハヤカワ・ポケット・ミステリ  
1962 Money Talks 「札束恐怖症」 『もう探偵はごめん』 ハヤカワ・ポケット・ミステリ
1962 One Drop of Blood 「一滴の血」 『黄金の13/現代篇』 ハヤカワ・ミステリ文庫
1962 The Poker Player's Wife    
1963 Story to Be Whispered 「大きな声では言えない話」 『EQ 1992年11月号』 光文社
1964 Steps...Coming Near 「近づいてくる…足音は」 『ミステリマガジン 1964年7月号』 早川書房
1964 When Love Turns 「愛が変わるとき」 『ミステリマガジン 2005年6月号』 早川書房
1964 Murder After Death    
1965 The Idol with the Clay Bottom    
1965 The Clean Fight 「復讐者」 コーネル・ウールリッチ傑作短編集5』 白亜書房
1965 I'm Ashamed    
1965 Too Nice a Day to Die 「死ぬには惜しい日」 アイリッシュ短編集5』 創元推理文庫
1966 It Only Takes a Minute to Die    
1966 Mannequin    
1967 Divorce-New York Style 「ニューヨーク式離婚」 『ミステリマガジン 1969年2月号』 早川書房
1967 Intent to Kill    
1968 The Release 「負け犬」 未完長編最終章 『ミステリマガジン 1976年8月号』 早川書房
1968 Warrant of Arrest    
1968 For the Rest of Her Life 「命ある限り」 アイリッシュ短編集6』 創元推理文庫
1970 New York Blues 「ニューヨーク・ブルース」 アイリッシュ短編集6』 創元推理文庫
1971 The Talent    
1971 Life Is Weird Sometimes 「負け犬」 未完長編第一章 『ミステリマガジン 1976年8月号』 早川書房
1987 Into the Night (未完)

夜の闇の中へ』 ハヤカワ・ミステリ文庫

 
1991 Blues of a Lifetime the Autobiography of Cornell Woolrich (自伝)    

 

(完成日: 2016年10月14日)

コーネル・ウールリッチの生涯』(早川書房) を基に、全作品発表順年表を作成しました。読みたい作品が何という邦題でどの雑誌/本に載っているのかを手早く知るためのシンプルな年表です。同じ年に発表された作品は、発表月不明の長編→発表月不明の短編集やアンソロジーで初出した短編→発表月がすぐにわかる月刊誌・季刊誌に掲載された短編、の順に上から下へと並べてあります。さらなる調査の過程で年表内の順番に変更が生じる可能性があります。邦題が複数ある作品は、実際に自分で読んだものを (未読の場合は任意に選んで) 載せました。原題または邦題がリンクになっている作品については、当ブログ内に紹介記事 (あらすじ・感想) があります。

自由の女神事件 (1935)

Story

機嫌の悪い妻との衝突回避のため、自由の女神の見物に出かけた刑事デントン。展望台までの螺旋階段を上っていく途中、休憩用ベンチで何度か隣り合わせになった太った男と軽く世間話をする。像内の見学を終えて下へ降りる途中、先ほどの男が忘れていったと思われる帽子を見つけたデントンは、彼の姿を探すのだが…

Aira's View

妻から「休日に考えることは映画とビールだけ」「少しは向上心を持ったらどう」などと小言を食らって、大した反論もできずにすごすごと家を出る形無しのデントンだが、いざ事件の匂いを嗅ぎつけた途端にブルドッグなみのしぶとさで犯人を探し求める刑事に変貌する。その過程でたびたび彼の口から出る自虐的なボヤキが一興。エレベーター担当の "自殺屋ジョニー" や衛兵宿舎の "老いたる雄鶏" といった強烈な個性を放つ人物がデントンの脇を固めており、読み手の笑いを誘う要素も多い。

ユーモアに満ちた軽妙な出来映えの短編であり、執筆当時、軽やかにタイプライターのキーを叩いていた作者の姿が思い浮かぶ。ウールリッチによるニューヨーク観光名所ガイドとしても満喫できる一編である。

原題:Red Liberty / The Corpse in the Statue of Liberty (改題)
訳者:村上 博基

E・D・ホウク編『風味豊かな犯罪 年刊ミステリ傑作選 '76 』

(読了日:2020年1月23日)

ジャック・リッチイ「風味豊かな犯罪」

自宅の洗面器やトイレなどに大量のゼリーが入っている謎の現象の調査を頼まれてヴァンダヴィア邸を訪れた主人公は、依頼人ジェラルドの兄フランクの服を着た使用人がナイフで刺殺されているのを発見し… 最近から素直に探偵を呼んでおけばいいじゃないの。

ジェシヒル・フォード「留置場」

留置所」として既読につき、読了ツイート省略

バリイ・ペロウン「ラッフルズと嘆きの橋」

とある罪で二年間投獄されていた劇作家メルモスとパリで出くわした怪盗ラッフルズは彼が二人の男に跡をつけられていることに気付く。数日後にベネチアで見かけた際にもメルモスはやはり同じ男たちに尾行されており… 著者覚え書きにより味わいが倍増。

エラリー・クイーン「トナカイの手がかり」

クリスマス・イブ前日、子供動物園のトナカイの檻の中で元コラムニストのスタージスが射殺体のなって発見された。現場にあったプラカードにはダイイング・メッセージと思われる血の指紋が残されていたのだが… エラリーが連想ゲームで即時に解決。

チャールズ・ボークマン「ミスター・バンジョー

ある裁判のために生まれ故郷に立ち寄ることになった刑事弁護士スペンサーは、地元紙の記者となった幼なじみフレイザーと再会する。しばし昔を語り合った際に話題となった老乞食ミスター・バンジョーの失踪についてスペンサーだけが知る真実とは。これほど静かで深い感動を呼び起こす短編に出会ったことがあっただろうか?と自問せざるを得ない名作。ミスター・バンジョーとスペンサーとの絆が導いた結末に身体中がジーンとした。悪に対する正義についても考えさせられる。アンソロジー編者のホウクが「今後の作品を待望します」と添えたのも納得。

ウィリアム・ブリテン「ストラング氏 証拠のかけらを拾う」

老いた化学教師ストラングは弁護士をしている昔の教え子から、生徒の一人クリフが宝石店のショーウィンドウを割って指輪を盗んだとして逮捕されたと聞き、早速現場へ向かうが… 教え子を信じ切ろうとするストラングの優しさにほっこり。

ポーリーン・C・スミス「垣間みた死体」

元端役女優のモリスン夫人が自宅で撲殺された事件で、彼女の庭の手入れを手伝っては小遣いを受け取っていた保護観察中の少年エディが容疑者となってしまう。そのきっかけを作った主人公ミリアムの仕切り屋ぶりがやたら面倒くさかったことしか記憶にない。

ローレンス ・トリート「ろうそくの炎

既読につき、読了ツイート省略。

フランク・シスク「蠅叩き」

裏の仕事で大金を手に入れて悠々自適の毎日を送るマフィアのサッコヴィノの前に旅行者を装った殺し屋が現れるが… サッコヴィノが大嫌いな蠅を退治する際に使う小道具がすごすぎて笑ってしまった。結末は予想可能であっけないが、シスクらしい不気味さは健在だった。

ジェラルド・トムリンスン「ファーガスン嬢対JM」

図書館利用者の顔・名前・借りた本を記憶することが特技の司書ファーガスン嬢は、モルダヴィという男があるジャンルの本を読み漁るたび、それに関する犯罪が起きることに気が付いて… 素人おばちゃん探偵とプロ犯罪者の駆け引きが微笑ましい。

ジェイムズ・ホウルディング「陥穽」

革命組織に資金提供する見返りとして10%の分け前を受け取ることで私腹を肥やしてきた法務大臣が当の組織に誘拐される。これはあくまでも政府に身代金を払わせるための演技のはずだったが… 策士策に溺れるの典型例。何の意外性もなく終わってしまって残念。

ヘンリー・T・パリィ「ラヴ・ストーリー」

新聞配達の少年ジョニーは憧れの女性エリザベスに頼まれ、彼女と恋人ポールの間を行ったり来たりする秘密の手紙を運ぶ手伝いを始めるが、やがてポールからの返事の回数が減り始め… どこまでも一途で純粋なジョニーの想いが甘酸っぱくて切ない一編。

ビル・プロンジニ「私立探偵ブルース」

何の予定もない日曜の朝、海を眺めにドライブに出かけた私立探偵は、キャンピングカーがパンクして途方に暮れる三人の若者に遭遇する。タイヤ交換を手伝ううち、彼らの周りに漂う妙な緊張感が気になり始め… タフな精神力のハードボイルド探偵にシビれる。

アイザック・アシモフ「些細な事柄」

「ちょっとしたこと」として既読につき、読了ツイート省略。ブログ内にも紹介なし。

リリアン・デ・ラ・トーレ「ベッドラムの奇計」

精神病院の実態を探るべく、あえて奇妙な言動をとって入院した交易商サイラスは、いざとなったらすぐに退院手続きをとるように甥ネッドに約束させておいたのだが… ジョンソン博士もの。作戦や細工がいかにも作り話という感じでしらけてしまった。

ジョン・ラッツ「メール・オーダー」

通販中毒の妻アンジェラの浪費癖に悩まされるハロルドは、しばらく何も購入していなかった通販会社から脅迫めいた警告文が届いていることに気付く。その矢先、謎の男二人組に拉致されてしまい… もう少しコメディ色が薄ければ「奇妙な味」の仲間入りかも。

エドワード・D・ホウク「レオポルド警部故郷に帰る」

親代わりとなって育ててくれたおじのジョーがひき逃げされて亡くなったとの悲報を受けて故郷に戻ったレオポルドは、おじの再婚相手などから事情を聴くうち、ジョーの死には何かがあると感じ始めるのだが… 人情味に溢れた名作。ほろ苦い結末。

ハンス・ステファン・サンテッスン編『現代アメリカ推理小説傑作選 3 』

(読了日:2020年1月17日)

マイクル・アヴァロン「隣家の拳銃」

主人公ナンは、家の周りをうろつく不審者に備えて銃を買ったという話を隣人ジョーンから聞き、不吉な予感を覚えるが…

ロバート・ブロック「触れてはならぬもの」

インドで映画を撮影中の俳優ハーマンは、地元民に対する偏見に満ちた態度をとり続け、仕事仲間を困惑させている。国王マハラージャから食事に招かれた際にも、その態度が改められることはなく…

ティーヴン・ボンド「チャイナタウンの夜」

花屋を営むアー・ゴイの娘リーが何者かによって乱暴された挙句に殺害された。刑事ジミーは目撃者の証言を元に容疑者を見つけ出し…

ウェンゼル・ブラウン「傷痕」

画家志望の美男子ホワイトヘッドと作曲家志望の醜男ディンゼは以前から互いの才能を認め合う関係ではあったが、先に成功を収めたホワイトヘッドに恋人を奪われたことで、ディンゼは恨みを募らせていき…

ジェイムズ・クロス「弱き器」

歌手ジェフと後妻リンダが飛行機事故で死亡。夫婦が同時に死亡した場合、妻の方が先に死亡したと見なされる法律に従うと、ジェフの息子の保護者である先妻ニコールが多額の遺産を相続できることになるのだが…

ドロシー・サリズベリ・デイヴィス「失われた世代」

ある教師を殺すという非公式の任務を負った刑事トムは、その仕事を難なく片付けるが、殺した教師の息子が失踪する事件が発生し…

ミリアム・アレン・デフォード「人生のひとこま」

百万長者である元夫からの離婚手当で生活する女流作家ラリッサのところへ、彼の元妻ゲイルと友人ヒューゴーがやってきて、ラリッサとの結婚はそもそも無効だったと主張し始め…

リチャード・デミング「黒帯」

美容室を経営しながら裕福な生活を送る男シンガーは、なぜか治安の悪い地区ばかりを選んで暮らし、たまたま遭遇した強盗を柔術で殺すこと数回。過剰な正当防衛で殺しを楽しんでいるのではないかと警察は疑うが…

スタンリー・エリン「質問」

伜の質問」として既読につき、省略。

ジョーゼフ・N・ゴアズ「油断は禁物」

学生過激派のエリックが爆破工作に失敗して大怪我を負って入院してしまう。作戦に悪影響が及ばぬよう、エリックの親友ロスが彼を病院から連れ出す役割を組織から命じられるが…

モリス・ハーシュマン「エデンの園の殺人」

電気も水道も通っていない渓谷で文明から隔絶された暮らしを営むヒッピーたちを訪問したきり姿を消してしまった電気製品会社重役を探しにやってきたサム・ダンは、ある小屋を借りて調査を進めようとするが…

エドワード・D・ホック長方形の部屋

既読につき、省略。

パット・マガー「正義は高くつく」

隣で眠る妻の悲鳴で悪夢から目覚めたチャールズは、次の瞬間、部屋に忍び込んでいた強盗によって、彼女が銃で撃たれるのを目撃する。犯人と取っ組み合いになったチャールズは、肩を撃たれて気絶してしまい… いわゆる「巻き込まれ系」もしくは「理不尽系」ミステリかと思って読み進めるも、ははぁん、そういうことだったのか!とすっきり腹落ちする結末にニヤリ。潔さの感じられる片付け方が爽快。

アーサー・ムアー「グロッケンシュピール大作戦」

競馬で大損して金欠となったアルバートは、よりにもよって悪党が取り仕切る馬券売り場から盗んでしまった40ドルを工面すべく、希少価値がありそうな古い楽器を質屋に入れる作戦を立てるが…

チャールズ・ノーマン「笑う男」

平凡な人々が暮らす平凡な街でナイフによる通り魔殺人が発生する。次の標的となったのは、不仲の母親と大ゲンカの末に家を飛び出し、夜遊びをしていた少女で…

パーシー・スパーラーク・パーカー「酔っ払い殺し」

何者かによって射殺された友人ポップスの葬儀を出してやったホテルオーナーのブルは、ポップスが持っていた謎の包みを狙う二人組の男たちから殺されそうになり…

J・F・ピアス「ホット・タマーリ殺人事件」

メキシコ人街にある食料雑貨店を営むフアン・ディエゴは、手作りのタマーリの美味しさに感銘を受けた外国人男性客が親しげに声をかけてきたところをいきなり射殺した罪で裁判にかけられるが…

ビル・プロンジーニ「ろくでなしの死」

老婆ひき逃げ事件をたまたま目撃した元英文学教師チョーサーが浮浪者らしからぬ大金を持ったまま殺された件を調べてほしいと、彼の友人で元弁護士のネロから頼まれた「わたし」は…

名無しの探偵と警部補エイバーハートの関係が熱い。立場は違えど、互いの仕事ぶりには一目置いている二人の絆がよい。ネロの人間不信を何とかしたい一心で無償の働きを見せる探偵の真っ直ぐな正義感がたまらない。

エラリイ・クイーン「実地教育」

教え子たちが犯罪に手を染めていることを知った高校教師ミス・カーペンターは、警察に通報する代わりに、エラリイに相談を持ち掛け、犯罪がいかに卑怯なものであるかを教室で語ってもらえないかと依頼したところ…

ヘンリイ・スレッサー「心配性の男からの手紙」

物理学者リチャードは、シカゴに婚約者アビイを残し、ニューヨークでの学会に参加している。水爆作りに加担した罪悪感を捨てた今、君と過ごす未来への希望で胸が一杯だと綴った手紙をアビイに送るが…

ローレンス・トリート「追いはぎのM」

殺人課警部補デッカーは60回目の誕生日を迎えて感傷的になっていた。昔、初めて犯人を捕まえた場所を訪れると、その日の朝に報告書が上がってきたばかりの盗難車を偶然見つけ…

ドーマ・ウィンストン「死の旋回」

ニューメキシコの大地でつましい生活をするジムは不仲の弟ケルシーに頼まれ、彼を車で近くの街まで連れていく。たまたま入った酒場で飲んでいた二人の若い女性観光客をケルシーが巧みな話術で魅了し、四人で一緒に自宅へ戻ったものの…

長年にわたって、成功者である弟の陰で劣等感を味わい続けた兄が一線を越える劇的な瞬間を、ニューメキシコの渇き果てた土壌、容赦のない日差し、ハゲタカの不吉な羽音といったものが直感的に訴えてくる効果とともに、力強く印象的に描いた作品。読後しばらくジーッと座ったまま、ジムの心の闇の深さについて考え込んでしまった。

エドワード・D・ホック編『現代アメリカ推理小説傑作選 2 』

(読了日:2020年1月12日)

ミリアム・アレン・デフォード「雷鳥模様のナイフ」

大昔、とある集落で漁師をしていた若者がナイフで喉を切られて殺された。そのナイフに彫られていた模様から、同じ集落に住む彫刻家の青年が犯人ではないかと疑われるが…

ジョー・ゴアズ「悲しくも血ぬられた時」

ペスト大流行中のロンドンにて、主人公の友人キットが刺殺された。謀殺に違いないと訴える名家の元女中アンの話を聞き、真相を探りに出かける主人公だったが…

リリアン・デ・ラ・トーレ「愚者の依頼人

クウェーカー教徒の女性サラを絞殺して小川へ捨てた罪で裁判にかけられたスペンサーは、当時の法に則り、自身の弁護士となって法廷に立った。サラは溺死したのだと証明できるかどうかが最大の争点となったが…

ヘレン・マクロイ「北京奇譚」

既読につき、省略。

ビル・プロンジーニ「決断」

雇い主が待つ大牧場まで馬で移動する途中で飲み水を切らしてしまったストラットンは、谷間に建つ小屋の庭先に井戸が掘られているのを見つける。小屋から出てきた若くて美しい女性の顔には、ひどく暴力を振るわれてできたと思われる痣や傷がいくつもついており… 二段組みで6ページ程度の超短編ながら、グッとくる名作。プロンジーニの最高傑作に出会えたかもしれない。迷いに迷った結果、ストラットンが下した決断に溢れる優しさに感動することしきり。長く忘れられない傑作になりそう。

ジョン・ディクスン・カー「もう一人の絞首人」

馬具商を営むランドールが店先で顔を激しく殴打されて殺された。街の鼻つまみ者であるフレッドが逮捕され、絞首刑を言い渡されるが…

ヘンリイ・スレッサー「伯父モンロウ・サンダースンによるアメリカ文学に関する覚え書」

主人公の伯父モンロウの若き妻シオドーラは、ある雑誌に連載中の小説に出てくる女主人公に共感するがあまり、彼女と同じく死の床に就こうとしている。何とかして妻を救おうと、モンロウは小説の作者ベイリー氏を自宅へ招待し…

エドワード・D・ホック「ストーリーヴィルのリッパー」

瀕死の石油王キンズマンから「生き別れた娘で、今は売春婦をしているベスを連れ戻してくれ」と頼まれた銃の名手スノウは、ベスの働く街でジャック・ザ・リッパーに似た手口の連続殺人が発生していることを知り…

モリス・ハーシュマン「危険な求婚」

妙齢のアメリカ人女性ハリエットは、パリを旅行中に出会った男アンリから、知り合って間もなく求婚される。返答を迫る彼に戸惑いつつも「今までの暮らしを捨てるわけにはいかない」と伝えて米国に戻る。そして五年後…

ジェイム・サンダヴァル「遥かなる家路」

自宅近くの灯台に元教師のアビーが住み込み始めて以来、両親が急速に不仲になっていくのに気付いた主人公は、父親がアビーに子供を産ませていたことを知り…

エリック・アンブラーベオグラード ー 1926」

既読につき、省略。

ジョン・L・ブーリン「オースティン殺人事件」

探偵ヴァンスと助手ヴァン・ダインが地方検事マーカムに誘われて出かけた仮装パーティーにて、主催者で俳優のオースティンが自室でめった刺しにされて殺されてしまい…

クレイトン・マシューズ「遺産」

幼い頃に事故で両親を亡くしたカイルは、伯母アギーに引き取られるが、彼女の夫リーロイから疎まれ、頻繁に鞭で打たれる生活を送っていた。やがて、アギーが痩せ衰え、ほぼ寝たきりの毎日になった矢先、突然リーロイの姿が消え…

エラリイ・クイーン「ゲティスバーグの喇叭」

既読につき、省略。

ロバート・L・フィッシュ「二重おばけの冒険」

外交問題解決のため、英国が手を結ぼうとしているアフリカ植民地の代表者ケネバンク将軍が、謎めいたメモを残して失踪してしまった。英国内務省に勤める兄の頼みを受け、シュロック・ホームズが助手ワトニイとともに奔走する。

ロバート・L・フィッシュ編『あの手この手の犯罪 アメリカ探偵作家クラブ傑作選 (1) 』

(読了日:2020年1月2日)

スタンリイ ・エリン「最後の一壜」

ワイン商ドラモンドが倉庫に保管している伝説の赤ワインに興味を持った大富豪カスーラスがワイン愛好家マレシャルを仲介人として10万フランでの買い取りを申し込むが… 各人の思惑が複雑に絡み合いながら結末へ加速していく展開にエリンの巧みさを感じる名作。

バリイ・N・マルツバーグ&ビル・プロンジーニ「死んでもらうぜ」

たまたま立ち寄ったバーで泥酔した男から「お前、殺し屋だろう」としつこく絡まれた主人公はやむなく男を殴って倒して店を去っていくが… 作者の遊び心を軽く楽しむためのショートショート。深く考えたりする類の話ではない。

イリアム・ブルテン「ジョン・ディクスン・カーを読んだ男」

カーの作品を読み尽くして心酔した少年エドガーが、財産目当てに叔父ダニエルを殺そうと完全なる密室殺人を企てたものの… いくら子どもが主人公とはいえオチがあまりにお粗末。時間を返して〜!とつい恨み節の一つも言いたくなる。

ケイ・ノルティ・スミス「不肖の息子」

文豪として名を馳せた父の回顧録を執筆・出版するも、著者である自分には何ら光が当たらずやきもきする息子ジャスパー・クライラー・ジュニア。そんな彼を父の大ファンだという青年ブラントが自作小説の原稿を持って訪れ、是非読んで欲しいと訴えるが… やることなすこと全て上手くいかずに世間の嘲笑を買ってしまう主人公を描いた短編。皮肉が何層にも重ねられていて、ちょっとひねくれた感じの面白さがある。それでもどこか温かみのあるユーモアを感じるのは筆者の人柄なのだろうか。二世の今後の人生に幸あれ…!

ハーヴェイ&オードリイ・L・ビルカー「部屋さがし」

転居希望申請から5年目にしてようやくリストに名前が載ったリアドン夫妻だったが、事務処理の問題が続出してあちこちたらい回しに。締切時間が刻々と迫る中、この機会を逃したらまた何年も待たねばならぬという焦りから妻のイライラが爆発し… オーウェル1984年』の恐怖とカフカ『城』の不条理をミキサーにかけて世紀末感の風味を加えて出来上がった傑作。理不尽に満ちていてゾクゾクが止まらない。狂気じみた妻からの圧力によって極限まで追い詰められた夫の決断もまた衝撃的で後を引く。ディストピアものがお好きな方はどハマり間違いなし。

エドワード・D・ホック「くされ縁」

数々の戦争を共にくぐり抜けた仲間同士とはいえ、人を躊躇なく殺すことで出世街道を驀進していくグローヴに対して常に違和感を覚えてきたコントレルは… 苦味のある皮肉が効いた大人向けの作品なれど、どこかホッとする救いを感じられるのがホックの魅力。

ロバート・ブロック「韻を踏んだ犯罪」

人気作家ディッキー・フェーンに秘書として雇われたミス・ケントは、彼が留守の間に書斎の中を調べ上げ、過去の作品に描かれた殺人はすべて彼自身が実際に行ったものであることを示す証拠を見つけ出すが… どんでん返しはあれど、パンチの弱さが気になる。

ジョン・F・スーター「熱はでないが」

年老いた父親と一緒に暮らすことになったエディスは、何かと口うるさい父親にせめて料理くらいは手伝ってもらおうと電子レンジを購入するが、その真の目的は別のところにあった… 父親の過去が明かされるとエディスにスッと感情移入できて読後感は晴れ晴れ。読み終わってから改めて見るとジワジワくる邦題の付け方もなかなかよい。

フローレンス・V・メイベリ「女の問題」

頻繁に家を留守にする夫パディが稼ぎを注ぎ込んでいるのはギャンブルだと信じていた妻アンジーだったが、夫を探し求めてラスベガスの街をさまよい歩いていると、派手で美しい若い女と歩くパディの姿が… 中盤で執念深さの描写がダラダラと続くのが退屈。一体いつまで続くの?ともどかしくなってしまった。もう少しテンポを上げた方が見せ場が引き立ったように思う。結末の不穏なムードはドメスティックものが好きな人ならば気に入るはず。

モリス・ハーシュマン「事実上、完全犯罪」

ずっと一匹狼の強盗として動いてきたトムに妻マージが突然「助け合いが大切」と言い出し、かねてよりトムが狙っていた時計会社で採用面接を受けるフリをして内情を探ってきたと打ち明け… トムの語り口に終始コミカルさが感じられて気軽に読める短編。

アル・ナスバウム「ほんの一例」

激しい雨の中を疾走する夫婦二人乗りのバイクがトラックが追突され、草むらへと突っ込んだ後、大きな木に激突して何とか停止するが、後ろに乗っていた妻は即死してしまう。脚を折った夫はじっと草むらに身を潜め… 激しい心身の痛みに耐えながら事故の状況を冷静に分析し、相手の次の行動を読み、じっと時機を待つ男の姿に漂う絶望感がウールリッチ的で、ギュッと胸を締めつけられる感じがした。時間軸を前後させる手法も効果的で、結末のほろ苦さをより引き立たせている。既読のナスバウムの短編では文句なしの最高傑作。

ロン・グーラート「金メダルをかっぱらえ」

強盗としての確かな腕を買われてFBIの仕事を請け負ったデッカーは、ロシア人が米国に関する機密情報を埋め込んだとされる金メダルを博物館から盗み出す作戦に参加するが… デッカーとハワード捜査官の掛け合いと奇妙な友情が笑いを誘う軽妙な短編。

フィリス・アン・カー「オールド・ホーニイの犬」

絞首刑を言い渡された土地から逃亡してきた追いはぎ犯のロデリック卿は、立ち寄った旅籠で睡眠薬の入ったワインを飲ませられて地下室に監禁されるが… ホラー要素が強い作品。傲慢な逃亡犯がとにかく不愉快。今さら「卿」って何様のつもり???

ローレンス ・トリート「動機」

電力会社の無料展示場に足繁く通う中年男性バームは、場内で上映される映像の一部に執着しているようだが、その真意を測りかねる会社側は彼の存在を煙たがり、あらゆる手段で追い払おうとして… バームの目的があまりにも切ない。人情に訴えかける味わい深い一編。

スタンリイ ・コーエン「お金、大好き」

銀行でコンピュータ管理を任されているハムザーはシステムを司るカードの一部に巧妙な細工を施し、預金利息の端数を切り捨てたものが全てスイスの自分の銀行に振り込まれるようにしてから、上司に退職を申し出たのだが… ハムザーの危機対応能力が痛快。

フランク・シスク「大蟻」

家の中に大量の大蟻住みつくようになって困り果てたホーマーは女王蟻を退治する決意をするが… ホーマーと精神科医ニコルズの会話のみで進行する異色な短編。映画「複製された男」のラストを連想するシュールな話。シスクの短編の中ではかなり読みやすい部類かと。

ヘンリイ・スレッサー「速読記憶術」

記憶術の教授オリン近年めっきり生徒が減ったせいで苦しい生活をしており、元教え子である恋人ペネロープとの仲までギクシャクし始める。そんな中、ようやく現れた受講希望者キングストンの正体は… 皮肉がピリリと効いた、いかにもスレッサーらしい味付け。

ジョイス・ハリントン「プラスティック・ジャングル」

プラスティック製の鉢植えの前でひどい発作を起こして以来、神経症的なまでにプラ製品を嫌う母親の話。娘ミミをいつまでも子供扱いしており、彼女が最近働き始めた百貨店がどんな場所なのか確かめに行くと言い出して… 毒親の末路やいかに。

マイクル・ギルバート「ポートウェイ氏の商売」

うだつの上がらない会社を一人で動かして毎年のように赤字を出しているにもかかわらず、なぜか私生活では極めて羽振りのよいポートウェイ氏の金のなる木を探し当てるべく、国税庁職員マイクルは経理係として氏に雇われるが… 業界の内幕が面白い。

アンソニイ・バウチャー「九本指のジャック」

主人公ジョンは、ふとしたきっかけから九番目の妻が金星人であること、彼女たちがいずれ人間を滅ぼして地球を占領しようとしていることを知り、金星人の弱点を探ろうとするのだが… 星新一に似たSF世界が楽しめる、珍しいテイストのバウチャー短編。

ジェイムズ・パウエル「女神の眼」

ヒマラヤ地方の街で女神シャフティ像の瞳の青い石が何者かによって盗まれた。捜索隊員に選ばれたマヌとヤラが犯人探しの旅に出て… ユーモアいっぱいで楽しい気分になれる短編。マヌの慎み深い宗教観が微笑ましい。陽気でありつつ風刺性が高いところも魅力的。マヌたちには、腰に下げた短剣の柄に手をかけて無言で相手にお礼などを伝える習慣があるのだけど、そのしぐさが至る所で引き起こす勘違いの数々が可笑しくて可笑しくて、何度もクスクス笑ってしまった。

エラリイ・クイーン「エイブラハム・リンカンの鍵」

リンカンとポーの署名入り本ならびにリンカン直筆文書を所有するディキャンポ氏は、金持ちの収集家に連絡をとって貴重な品を譲ろうとするが、価格の交渉中に脳出血を起こしてしまい… エラリイの考証癖が遺憾なく発揮された作品。

ジョー・ゴアズ「さらば故郷」

既読につき、ツイート省略。

ワーナー・ロウ「スコッツデールからの手紙」

人気シリーズの続編がなかなか仕上がらない作家ヘスキスは、犬を主人公にした一人称小説を書くことを思い立ち、飼い犬にタイプライターの使い方を教え込んだところ… 犬の名前がポイント。奇妙な味?ブラックユーモア?どっちつかずで不思議な短編。

マーガレット・ミラー「マガウニーの奇蹟」

故キーティング夫人の弁護士ミーチャムの元へ「夫人の棺の中を見よ」と告げる無記名の手紙が届く。実際に棺を開けてみたところ、そこに夫人の遺体はなかった。ミーチャムは埋葬を担当した葬儀屋マウガニーを探し当て、詳しい事情を聞こうとするのだが… 「奇蹟」の語感から予想したものとは全然違う内容だった。タイムリミットがなく、これといった謎解きもないため、ダラダラとした平板な展開に感じた。ミラーの不気味さを味わいたければ「谷の向こうの家」の方がオススメ。