Aira's bookshelf

Aira's bookshelf

書棚の片隅でコーネル・ウールリッチ愛をささやく

スクリーンの中の女 (1934)

Story

脅迫状を頻繁に受け取るようになった女優マーサ・メドウズの身辺警護を命じられたガルブレイズ刑事は早速撮影所へと足を運ぶ。撮影中も彼女から目を離さなくて済むようにメドウズ主演作の監督に協力を依頼するが、ガルブレイズの隙をついて監督がスタジオを閉め切って撮影を始めてしまい…

Background

1923年11月29日、米テキサス州サンアントニオのロケ地にて "The Warrens of Virginia" (1924年公開、サイレント作品、邦題「自由の旗風」) の撮影作業が進む中、女優マーサ・マンスフィールドが自ら所有する車へ戻ろうとした際、衣装のフープスカートにマッチの火が燃え広がって火だるまとなった。共演者ウィルフレッド・ライテルがとっさに自分の着ていたコートで彼女の頭部を包んだため、顔と首は焼けずに済んだものの、それ以外の部分に重度のやけどを負ったマーサは、翌30日に24歳という若さで亡くなった。別の共演者フィリップ・ショーリーに付き添われ、マーサはニューヨークの自宅へ無言の帰宅をしたという。問題のマッチはマーサの車へ投げ込まれたとの証言がある一方、マーサが撮影中の緊張をほぐすためにタバコを吸おうとしたのではないかという説もあるが、後者についてはマーサの母親が「マーサはタバコの煙が嫌いだった」と否定しており、真相は謎に包まれたままである。(Wikipedia などを参考に Aira がまとめました)

Aira's View

台本のことで頭がいっぱいで事件を受け止める気配のまったくないロボットのような台本係や、弱点を握られた途端に態度を180度変えて自分よりも有利な立場にある人間に追従する映画監督など、ウールリッチが1928~31年を過ごしたハリウッドでこういう人間を実際に見てきたのだろうと思わせるような現実味とクセを備えた登場人物が物語を味付けする。

刑事が権力や暴力の象徴として描かれることの多いウールリッチ作品にしては珍しく、人間味の感じられる刑事を主人公にしている。女優という職業に対して偏見で凝り固まっていたガルブレイズが出会ってすぐに二言三言の会話を交わしてマーサと打ち解け、彼女を生身の人間として扱い始める過程を描いた部分が特に気に入った。ガルブレイズと上司のサバサバとした何でも言い合えるドライな関係の描写もよい。

原作者・脚色家として何度か映画製作に関わったのに一度もクレジットされることのなかったウールリッチ (字幕製作者としてアイリッシュという人間がクレジットされたことはあるが、それがウールリッチであるという確かな証拠はない) がハリウッドという世界に抱いた恨み辛みがちらりと見える部分も。

原題:Screen Test
訳者:高橋 豊 

悪夢 (ハヤカワ・ミステリ 776)
 

 

Walls That Hear You (1934)

(未邦訳作品につき『コーネル・ウールリッチの生涯』(早川書房) を参考に内容を紹介)

Story

主人公は、街で小さな店を営む電気工の男性。ある日、警官が店を訪れ、主人公の弟エディが見るも無残な死体となって路地裏で発見されたことを告げると…

死の治療椅子 (1934)

Story

歯痛に悩むロッジは腕のよい歯科医である友人スティーヴの元を訪れるが、先に来院していた貧しい身なりの患者が治療中におかしな唸り声を上げたあと急死してしまう。調べによると死因は致死量ちょうどの青酸カリ。スティーヴが容疑者として警察に連行されるのを目の当たりにしたロッジは、その友人の潔白を証明するために警察をも巻き込んだ大きな賭けに出るのだった…

Aira's View

邦題の字面が醸し出すおどろおどろしい雰囲気はどこにもなく、男二人の絆を楽しめるわかりやすい人間ドラマ。親友スティーヴを救いたい一心のロッジが身体を張って真実を求める姿に胸が熱くなる。向こう見ずとも言えるロッジの勇気をしっかり受け止めるスティーヴもまた魅力的。警察が頼りない (アイリッシュ作品ではおなじみ) おかげで、何の規則にも縛られず自由に行動する素人探偵の冒険を楽しむことができる。願わくば、敵役の内面描写がもう少し欲しかった。結末はあとひとひねりあってもよい気がするが、解決直前の緊迫感はなかなかのもの。

Aira's View 再び (ややバレ)

コーネル・ウールリッチ初の犯罪小説であるとの認識を持った今、改めて読了した。手慣れた様子で書かれているように感じた。臨場感いっぱいのスリルが出色。素人探偵ながら非常に機転が利くロッジが自分にできうる最高のパフォーマンスを発揮して歯科医の友人を救う。友のために命も張れるけど… のオチで一気に和む。最初はやたらと暴力的だった刑事がロッジに徐々に信頼を寄せていく過程にも味がある。バディものが好きな読者におすすめしたい一編。

 

原題 : Death Sits in the Dentist's Chair
訳者 : 村上博基

 

The Very First Breakfast (1934)

(未邦訳作品につき『コーネル・ウールリッチの生涯』(早川書房) を参考に内容を紹介)

Story

料理が大の苦手な新妻ロバーツは、夫のケンに気付かれないよう、近所のレストランから毎日朝食を配達してもらっていたが…

Aira's View

ウールリッチがこの二人にどのようなオチを用意したのか、非常に気になるところ。

The Next Is on Me (1934)

(未邦訳作品につき『コーネル・ウールリッチの生涯』(早川書房) を参考に内容を紹介)

Story

酒場で知り合った二人の男性。傲慢な女にあしらわれた体験をお互いに愚痴り合っているうちに…