Aira's bookshelf

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aira's bookshelf

書棚の片隅でコーネル・ウールリッチ愛をささやく

The Good Die Young (1928)

(未邦訳作品につき『コーネル・ウールリッチの生涯』(早川書房) を参考に内容を紹介)

Story

うぶで世間知らずのメアリーは、刺激のある生活を求めてマンハッタンへやってくる。そこで知り合った自称「金庫破りの女王」エドナに担がれ、映画俳優ドルトンの邸宅へ押し入る羽目になったメアリーだったが、よりにもよってドルトンから一目惚れされて…

Aira's View

あらすじを読む限り、1950~60年代に第一線で活躍した頃のウールリッチ作品に似た香りがするが、エンディングにはかなり突飛な出来事が用意されており、評伝執筆者によれば「大凡作」とのこと。そこまで言われるとむしろ読んでみたくなるのがファンの心。