Aira's bookshelf

Aira's bookshelf

書棚の片隅でコーネル・ウールリッチ愛をささやく

Insult (1934)

(未邦訳作品につき『コーネル・ウールリッチの生涯』(早川書房) を参考に内容を紹介)

Story

極めて器量の悪いボードビル (歌・踊り・対話などを組み合わせた軽喜劇の意) 女優のリジーは、ホテルから劇場までの移動中、一人の水兵が自分を尾行していることに気付く。「あの人が自分という女に関心を持ってくれていたら…」と心から願う彼女だったが…

Aira's View

ウールリッチが Ted Brooks 名義で発表した作品。このペンネームを使ったのは一度きり。劇場で活躍するスターとしての人気を得ながらも、素敵な男性から一人の女性として見られたいという切なる想いはなかなか叶わないリジー。そんな女性の哀愁をウールリッチはどのような言葉で表現したのだろうか。シニカルに?あるいはしっとりと?それとも…?