Aira's bookshelf

Aira's bookshelf

書棚の片隅でコーネル・ウールリッチ愛をささやく

Between the Acts (1934)

(未邦訳作品につき『コーネル・ウールリッチの生涯』(早川書房) を参考に内容を紹介)

Story

離婚成立後、それぞれ新しい恋人と付き合ってきた元夫婦が、とある劇場で偶然の再会を果たす。今の恋人がいかに自分にとって不釣り合いな存在であるかを認識した二人は……

Aira's View

私生活では女性と上手く付き合うことができなかったウールリッチだが、作品中の男女には妙に気の利いた会話をさせることがあり、それが彼の物語に魅力を添える大きな要素の一つだと認識している。本作に登場する元夫婦の間で交わされたであろう洒落た会話の数々を想像するだけでも楽しい。評伝では、同年に執筆された 4 篇のうちで最もよい出来だと分析されている。いつかきちんと読んでみたい。