Aira's bookshelf

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aira's bookshelf

書棚の片隅でコーネル・ウールリッチ愛をささやく

杉江松恋編『ミステリマガジン 700【海外篇】』

(読了日:2017年3月21日) A・H・Z・カー「決定的なひとひねり」 冒頭で「妻はかつて三人の人間を殺した」と明かされてからのサスペンス。美術館主事を名乗る男が以前雑誌で紹介された骨董の家具を見せてほしいと主人公宅を訪ねてくる。金額に折り合いがつけ…

各務三郎編『クイーンの定員 I 傑作短編で読むミステリー史』

(読了日:2017年3月16日) ヴォルテール「王妃の犬と国王の馬」 エドガー・A・ポー「盗まれた手紙」 さる貴人にとって世間に知られてはまずい内容の手紙をD大臣が堂々と本人の目の前で盗んだ事件。G警視総監が万策尽きてデュパンに手紙の捜索を依頼。ポーが基…

The Girl in the Moon (1931)

(未邦訳作品につき『コーネル・ウールリッチの生涯』(早川書房) を参考に内容を紹介) Story 主人公マーティはミュージカル・コメディ女優ゼルダに恋をする。彼の一途な気持ちに心を打たれたゼルダは女優を引退して結婚し、演技を求められずに済む平凡な暮ら…

中村融編『街角の書店 18の奇妙な物語』

(読了日:2017年3月9日) ジョン・アンソニー・ウェスト「肥満翼賛クラブ」 夫の肥満ぶりを競うという異様な趣旨のコンテストで優勝を狙うグラディスは運動好きで身体の引き締まった夫を太らせるべく奮闘する。驚きの速さで巨大化に成功した夫はライバルたち…

レイモンド・T・ボンド編『暗号ミステリ傑作選』

(読了日:2017年3月5日) R・オースチン・フリーマン「文字合わせ錠」 みんな大好きソーンダイク博士による懇切丁寧な暗号解読講義だよ!科学者ならではの緻密な謎解きを惜しげもなく披露するよ!才能を全く鼻にかけない上に相手がどんなに鈍くても決して見下…

エラリー・クイーン編『ミニ・ミステリ傑作選』

(読了日:2017年2月25日) ニュートン・ニューカーク「探偵業の起源」 サミュエル・ホプキンズ・アダムズ「百万に一つの偶然」 スティーヴ・アレン「ハリウッド式殺人法」 シャーロット・アームストロング「タイミングの問題」 フィリス・ベントレー「逆の事…

エレノア・サリヴァン編『世界ベスト・ミステリー50選 (下)』

(読了日:2016年12月19日) ジョージ・ハモンド・コークス「キチンときれいに」 エレベーター係のメリーと現金給与運搬中の恋人が箱内で強盗に襲われた。刑事によると彼がこうした目に遭うのは二度目だといい、メリーが動揺している間に彼は連行されてしまう…

エレノア・サリヴァン編『世界ベスト・ミステリー50選 (上)』

(読了日:2016年9月14日) ジョン・ディクスン・カー「赤いかつらの手がかり」 C・デイリー・キング「消えた美人スター」 最初から胡散臭さぷんぷん。案の定とんだ茶番劇だった。見張り多数の中、誰にも見られずに外へ出られるはずはないのに人が失踪って、い…

G・K・チェスタトン編『探偵小説の世紀 (下)』

(読了日:2016年8月25日) ヘンリー・ウェイド「三つの鍵」 アントニイ・マースデン「遺伝」 H・C・ベイリー「青年医師」 F・A・クマー「豚の足」 途中から主人公の狙いがわかってしまったけれど、彼のスマートさが好みのタイプだったので楽しめた。しかし、…

シャーリイ・ジャクスン「お告げ」を読んで

昨日『街角の書店 18の奇妙な物語』(創元推理文庫, 中村融編) に収録されているシャーリイ・ジャクスン「お告げ」を読んだ。「くじ」など不気味な雰囲気の作品であまりにも有名なジャクスンが、まさかこんなにほのぼのとした小品を書いていたとは!今年一番…

The Time of Her Life (1931)

(未邦訳作品につき『コーネル・ウールリッチの生涯』(早川書房) を参考に内容を紹介) Story 友人と一緒に出かけたパーティーで、うんと歳の離れた裕福な作曲家ウィルビーから気に入られたポーリーンは、花束・本・衣服・手紙といった熱烈な愛情表現を受ける…

A Young Man's Heart (1930)

(未邦訳作品につき『コーネル・ウールリッチの生涯』(早川書房) を参考に内容を紹介) Story 主人公ブレアは、父の浮気が原因で母親と離ればなれの生活に。父はパーティー三昧の堕落した生活を送り、次から次に新しい恋人を作っては別れる始末。ブレアは家の…

Cinderella Magic (1930)

(未邦訳作品につき『コーネル・ウールリッチの生涯』(早川書房) を参考に内容を紹介) Story 主人公パティはひょんなことから出席することになったピアス家の社交舞踏会で令息ラリーに見初められる。二人はお互いに夢中になり、ついにはピアス家の方から結婚…

死の治療椅子 (1934)

Story 歯痛に悩むロッジは腕のよい歯科医である友人スティーヴの元を訪れるが、先に来院していた貧しい身なりの患者が治療中におかしな唸り声を上げたあと急死してしまう。調べによると死因は致死量ちょうどの青酸カリ。スティーヴが容疑者として警察に連行…

ソーダ・ファウンテン (1930)

Story ソーダ・ファウンテン (アイスクリーム店) で働くジョニーは、彼目当ての女子高生が店に殺到するほどのモテ男。この世に落とせない女性などいないと思って生きている。ある日初めて店にやってきた謎の美女にジョニーは興味津々。自慢の笑顔で接客する…

Gay Music (1930)

(未邦訳作品につき『コーネル・ウールリッチの生涯』(早川書房) を参考に内容を紹介) Story 主人公ジェリーは大学のダンス・パーティーでシャーリーと出会い、その日のうちに衝動的に結婚。二人で向かった新天地でオーケストラの指揮者として活躍するジェリ…

We're Just a Lot of Smart Alecks! (1929)

(未邦訳作品につき『コーネル・ウールリッチの生涯』(早川書房) を参考に内容を紹介) Column 私たちは本当に伝統から解放されているだろうか。明らかに答は否だ。(中略) 実は最もヴィクトリア朝的なヴィクトリア時代人よりはるかに従順な因習の奴隷にすぎな…

Bluebeard's Thirteenth Wife (1929)

(未邦訳作品につき『コーネル・ウールリッチの生涯』(早川書房) を参考に内容を紹介) Story 族長がジャズ・エイジ世代の若い娘を親妻に迎えたところ、別の妻から不評を買い… Aira's View 上記以外の内容を把握できないため、何とも書きようがない。

タイムズ・スクェア (1929)

Story ナイトクラブでダンサーとして働く女性テリーが二階からダンスフロアに転落して意識不明に。その場に客として居合わせた男性クリフが病院まで付添い、その後も毎日のように彼女を見舞うように。二人はまもなく激しい恋に落ち… Aira's View クリフとテ…

今日がわたしのアイリッシュ記念日

今朝、不思議なことがあってうれしくなった。 なぜかしら急に書棚の整理をしたい欲求に駆られて早速実行に移す。昨年秋から買い集め始めた海外ミステリのアンソロジー各種を中心に整頓する。 ウィリアム・アイリッシュ短編集、3だけ黄緑の背中か…どうせなら…

I Know Your Line (1928)

(未邦訳作品につき『コーネル・ウールリッチの生涯』(早川書房) を参考に内容を紹介) Column 可憐、おてんば、放埓、欲張り、金目当て… さまざまなタイプの女性が使う手管の数々を槍玉に上げたコラム Aira's View ウールリッチ先生がいかに女嫌いだったかに…

The Good Die Young (1928)

(未邦訳作品につき『コーネル・ウールリッチの生涯』(早川書房) を参考に内容を紹介) Story うぶで世間知らずのメアリーは、刺激のある生活を求めてマンハッタンへやってくる。そこで知り合った自称「金庫破りの女王」エドナに担がれ、映画俳優ドルトンの邸…

Girls, We're Wise to You (1928)

(未邦訳作品につき『コーネル・ウールリッチの生涯』(早川書房) を参考に内容を紹介) Column ジャズ・エイジを生きる女性に対する不満、彼女たちの自由で放埓な生き方への嫌悪感を書き表したコラム Summary 世の中はジャズ・エイジを迎え、女性たちは新たな…

Mother and Daughter (1928)

(未邦訳作品につき『コーネル・ウールリッチの生涯』(早川書房) を参考に内容を紹介) Story 器量の悪い娘ジッキーはテニスが縁でスコッティと出会い恋に落ちるが、スコッティは彼女の母親ジョージア (未亡人) の方に強く惹かれてしまうことに。しかしジョー…

ドラッグストア・カウボーイ (1927)

Story 定職に就く機会に恵まれず貧しい生活を送る青年ジェリーは、日がな一日ドラッグストアの前に佇んでは街行く女の子たちを眺めて過ごしている。人から笑いかけられたことなどない自分に向かって、かつて素敵な笑顔を見せてくれた美女ベティの姿を求めて…

舞踏会の夜 (1927)

Story 週給50ドルで働く銀行員のテッドは、招待状を持たずに高級パーティーに忍び込んではお金持ちの女の子と親しくなって楽しい時を過ごすことを秘かな趣味にしている。あるパーティーで出会ったジョイスに一目惚れしたテッドは、彼女が参加することになっ…

Children of the Ritz (1927)

(未邦訳作品につき『コーネル・ウールリッチの生涯』(早川書房) を参考に内容を紹介) Story 主人公アンジェラ (わがままな18歳) は、父親が全財産を失って自殺未遂を犯したのを機に、以前から目を付けていたお抱え運転手デューンに接近。彼が競馬で大穴を当…

Bread and Orchids (1927)

(未邦訳作品につき『コーネル・ウールリッチの生涯』(早川書房) を参考に内容を紹介) Story 主人公アイリーンは、婚約者ジミーと親友テディ (女性) を連れて夜遊びに繰り出すのが大好き。だが、ある夜に立ち寄ったクラブで金髪美女バーニーに惚れ込んだビリ…

Dance It Off! (1926)

(未邦訳作品につき『コーネル・ウールリッチの生涯』(早川書房) を参考に内容を紹介) Story 主人公ウォリーはチャールストン (ダンスの一種) の名人で、恋人コニーと一緒に踊ることを何よりも愛しているはずが、ある日ミュージカルの主演女優ミミに一目惚れ…

Honey Child (1926)

(未邦訳作品につき『コーネル・ウールリッチの生涯』(早川書房) を参考に内容を紹介) Story 買い物とパーティー三昧の日々を目当てにニューヨークへやってきた移り気美女ハニーは、ハンサムな潜水艦将校ビリーに見初められる。地元へ戻る日が近付いてきたと…

Cover Charge (1926)

(未邦訳作品につき『コーネル・ウールリッチの生涯』(早川書房) を参考に内容を紹介) Story 主人公アランは、兄の戦死をきっかけに兵役を拒否。異父妹が経営する酒場で偶然席が隣り合わせになった女性クレアに突然求婚するが、売春婦との関係を知られて破局…

コーネル・ウールリッチ全作品発表順年表

(完成日: 2016年10月14日) 『コーネル・ウールリッチの生涯』(早川書房) を基に、全作品発表順年表を作成しました。読みたい作品が何という邦題でどの雑誌/本に載っているのかを手早く知るためのシンプルな年表です。同じ年に発表された作品は、発表月不明の…